あなたが転職をする場合、U・J・Iターンで都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみた・・

もしあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

  • もしあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、大都会から地方へと移住したうえで再就職してみたいと希望する人、実践する人が増えています。近年は転職サイトを見れば、国内全エリアの求人募集もいつでもアクセスできます。けれども、地方や郊外での求人の場合、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。したがって転職サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども頻繁にチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートのイベントにも見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が一昔前の規制緩和以・・

  • 派遣社員として仕事をする人が近時増えています。派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをできるだけ面接の際に確認しておくべきです。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りに、手数料を徴収していく形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が少なくありません。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、あまり情報開示をしない業者が多く、気が付くと労働者に2割しか還元しなかった、という場合も決して少ないとはいえません。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、可能であればそこを利用するのは断念したほうが良いです。
  • 看護師|数年前は求人誌では、性別が当たり前のように書かれていました。

  • かつては求人誌には、雇用側の希望する「性別」が記載されていました。けれど最近では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用時、男女差別がしてはいけない事が決まり、応募資格のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。けれども、求人募集をしている会社は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実問題として、本当は男性欲しい業種に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性がエントリーしてきたり、でも採用されないといった可能性が高くなります。たとえば、「女性が活躍できる職場です」といった内容の案件は、女性の働き手を希望しているのだと捉えておいたほうが良いです。
  • もしも転職することが、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと…

  • もしも転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、状況が大きく変わるおそれがあります。周囲との付き合い方によっては、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。それだけでなく、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、「転職します」と周囲に言うのは充分に注意が必要です。上記のような状態を避けるために、今所属している職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い関係をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を去れるはずです。そして、円満退職となったなら、退職後であっても、あなたが困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。規模や業種に関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大切であるため、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り控えましょう。
  • 将来、社会的には段々と簡単な労働は機械に差し替えられてい…

  • この先、労働力という観点において段々と思考を必要としない作業は機械によって明らかに労働人口はどう考えても減少させられてしまいます。というのは、考えなくてもできる労働は人間以上に機械のほうが数段に利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動きを延々と反復したりすることは機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴を言わないし、疲れることもないし、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるメリットもあります。加えて、報酬を渡す必要もありません。こういった点から、労働力として人間を使う意味が無いので機械化の流れは当然の結果といえます。
  • タイトルとURLをコピーしました