安定的な暮らしを送りたいと正規の社員として働きたいと考えている人・・

看護師|安定的な暮らしを送りたいと正社員を狙っている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。

より安定した生活基盤を欲しがって正規の社員として働くことを念頭に置いている人がかなりいらっしゃるはずです。にもかかわらず、即戦力として働けるようにかなり努力していても、正社員としての転職活動そのものが叶わない事もあります。非正規雇用者の求人情報はたくさんあるのに正規雇用の求人に執着し、時間を無駄にしてしまっているようです。なかなか、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、実力次第で、数年で正社員にステップアップを狙える可能性もあるからです。ですので面接時にこういった可能性を尋ねておけば、将来設計にも役立ちます。

看護婦と呼ばれていた看護師というのは仕事としてやっぱ・・

昔は看護婦と言った看護師というのは資格として歴史的にも女性のかなり多い職種です。ご存知のように気力、体力ともに大きく消耗する職場ともいえます。ピリピリした現場になりやすく、職場での対人関係の問題や、自身の結婚・出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい仕事といえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に陥っています。というワケで、医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

看護師|転職を考えているのなら「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

新しい就業先ではいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社した初年度は、ほぼほぼ「試用期間」を含んでいる企業も多くあります。私自身のケースでは、労力を費やして手にした職なのに、期待とは裏腹に前の会社での年収とあまりイコールということがありました。そのうえ、業務は多忙を極め、たいへん責任も重大だったために、一年目を乗り切るのにたいへん状態でした。そのような体験から転職1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、できるだけ転職以前に貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

看護師|求人関連の情報を見てみると、まともな会社では月の収入等が記載されています。

求人関連の情報を見てみると、たいていの株式会社では月の給与が記載されているはずです。このポイントを確認する際は、深く確認する事が大事です。その数字だけを見て判断しないほうが無難です。というのは会社によっては、月収の金額の中身に月20時間残業の場合が条件になっているかもしれません。残業代を入れることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。それ以外にも、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあったります。そういうわけで、このような表記された数字どおりとなる見込みがない会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

看護師|とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。す…

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格しました。2、3日して担当者から面接日時を告げられました。にもかかわらず、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、どうしたものか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、呆れるほどけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接は終わりました。予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、待っていられず、私の側から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かず仕方なくふたたび、電話した結果、どういったわけか、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話を切られました。私は呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったと思っています。
タイトルとURLをコピーしました