看護師|あなたが持つ現在のスキルが有利にはたらくように転職する際・・

看護師|あなたが持つ現在のスキルや資格を活用しながら就職活動…

  • あなたが持つ現在のスキルや資格を有効活用しつつ、就職活動をするつもりなら、再就職し易い業界とそうではない業界がある事を大まかに知っておきましょう。再就職の難易度が低めの業界では、人手不足が問題視されている「医療・介護」が、代表例といえます。医療・介護系の仕事は看護師や介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高めの業種ともいえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて仕事のきつさから、異業種へ再就職したいと思っているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。なので、容易に考えないことが重要です。再就職される場合は、「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

  • 看護師|転職を考えている時に閲覧する募集事項の情報というのは・・

  • 再就職を考えている時にチェックすることになる求人情報については、目安として記載されている事も少なくありません。なので、情報として書いてあることを何もかもが正しいことだとは簡単に信じないほうが好ましいでしょう。特に生活に大きくかかわってくる給与の金額などにおいては、一般的な値なのか?最低保証の金額であるのか?最高額なのか?といった見解ができない場合が多く、勝手な判断でとらえてしまうと、悔いが残ることもあり得ます。それゆえに、そうならないためにも、求人に記載されている情報はおおまかなものだと思って、そういったような重要なことは会社に直接問い合わせた方がベストです。

  • 看護師|全く経験したことのない分野とかに転職したいと考えている場合には、…

  • 今まで経験したことのない分野とかに転業したい場合には、前の会社で養われた力や今までやってきたことを生かすことができるというアピールが必要です。そのジャンルで経験をしたことがないという人は未経験の分だけそのジャンルで勤務したことがある方よりも不公平な状態になりますが、自分の持っている力がそこで生きるということをうまく伝えれば、勝負になることも考えられるのです。したがって、経験が全然ない業種に挑戦する場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事とのかかわりを可能な限り探しましょう。

  • 看護師|クールビズで再就職の面接にチャレンジするときには、いくらなんでジャケットまで・・

  • クールビズスタイルで再就職の面接場に出向く場合、やっぱりジャケットは着用していくことはないと間違いなく言い切れますが、ネクタイはつけて行った方が間違いありません。ネクタイなしでもOKだとしている企業もあるとは思います。ですが、ネクタイに関してだけは例えクールビズであっても必ず着用するべきだとしている企業がある程度存在します。なので、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイはしていった方が安心であるということを知っておいてください。

  • 看護師|転社を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。現在は、インターネットを使って精神面を鍛えるのには良い情報はカンタンに知ることができます。また、転職とは全く異なる行動でも、精神面を強化することができます。オススメは、「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと言葉も文化も大きく異なるので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、帰って来てから変化があるのです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、これまでとは違って胸を張った面接になるので良い方法です。ただ、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。

  • タイトルとURLをコピーしました