看護師|かなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが、転職のアドバイザーの・・

自分が勤め口を探していたころたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

私は昔かなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質においても驚くほど様々あってそのほとんどは物足らなく感じるアドバイザーばっかり。こちらは人生かかっているのにもっと熱心に向かい合ってほしいという気持ちがこみ上げました。それが引き金となって自分がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得は費用もいりましたし資格取得のための勉強面もとてもヘビーでしたが、仕事を探している人から担当者があなたで良かったと言ってもらえるように頑張っています。

看護師|転職候補となる採用面接に関して、してはいけないのは良い印象を与えたいと露骨なま・・

転職の際に欠かせない面接での多数のひとが思い違いをしているのですが過度に猫かぶりは、正直なところ逆効果になる可能性があります。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「残業」などの、通常であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って率直に訊いておくと、最終的に確実に自分のためになります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、最終的に良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれません。だけども、意外なことに、良い結果になることは最終的には可能性が高いのです。このような実は面接時に実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、とはいえ、面接の場ではモジモジして質問できません。しかし、あなたがあえて尋ねておくことで「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

再就職を考えているなら、いろいろな企業の採用情報を定期的に調べてお…

転身するつもりなら、小まめに色々な企業を日常的にチェックしておけば転職先の選択をするときにとても役立ちます。あなたが現在の仕事になにか納得のいかない部分がある場合、転職活動する際に、どんな会社でもいいように映ってしまいます。そうすると、どの会社に決めればよいのか困ってしまいかねず、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。雑な行動を取ると、最終的には直ぐに退職の道に進んでしまうので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い会社は、取引先情報を開示していますし、逆にそうでない会社は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから覚えておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名を調べ、詳細に目を通してみてください。

看護師|こういう転職という話は従兄から聞いた話です。

この話は従兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒時になにがなんでも勤務したかった憧れていたA社の入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、ですから他の会社に就職しました。その後1年経ったぐらいに派遣求人サイトを見ていて奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、じっとしていられなくなってその時働いていた会社を直ちに退職し、A社に入って、派遣の業務を始めて、やったな、と思った行動です。一生懸命頑張ってそれから後希望通りA社で正社員として採用され、今では仕事のやりがいを持ちつついきいき仕事しています。

派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたらすぐ辞められるというわけではないこ…

時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職を通じて感じました。私は結婚し、落ち着いたらできればすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、数年ほど今までの仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員より月収は少なめでしたが、それでも時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。でも、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの方が派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。たとえ派遣を選択したとしても、すぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、これが今の悩みになっています。

タイトルとURLをコピーしました