看護師|この頃では、株・不動産投資などといった不労所得のほ…

近頃、株・不動産投資といった、不労所得や独立で頑張っている人も増えています。

今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに自営業、起業等、そういった社会的変化に伴い、「会社員以外は不安定であぶない」といった今までの見解も変わってきています。高度経済成長期には個人事業で生きるよりも組織の一員のほうが将来が安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されてはいました。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」という風にも付けられています。今後は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

看護師|転職で職場を一新するということは、自分自身に適合・・

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う再就職先を選んだほうが好ましいということです。勤め先を変えれば、自分の向いている仕事に出会えるかもしれません。とはいえ、実際に行動する場合は、雇用側が必要とする能力がないと、転職自体がままなりません。表現を変えると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」にありつく可能性がある、ということです。近年は、職業選択の自由が社会的に認められていて、天職の道を選んだとしても面倒も生じないでしょう。事実、終身雇用がなくなりつつある今現在では「使える人材が欲しい」と希望する企業も増えているので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

長きにわたって接客関係で仕事を続けてきましたが、加齢ととも…

長い間接客関係で働いてきましたが、歳をとると共に立ったお仕事は体力的にきつく、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを頭に入れて動きました。事務の経験がないとわりと難しくて、そこで接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得して個人の医院に転職することができました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係に関してもややこしい。夜間のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた時よりも帰る時間も遅いのですが、初めの頃はキャリア形成の時と思って仕事を続けます。

看護師|昨今の雇用形態のめまぐるしい変化に際して、全世代の中で…

このようにここ最近の労働環境の慌ただしい変移をに際して、34歳ぐらいまでの若者の世代ほど関心度が高いといわれています。おそらくは、将来を見据えた動向なのでしょう。このため、労働者やサラリーマンの労働力の「流動化」が年々増えてきているので、次第に今後、若年層以外の層にも転職の注目が強まっていくでしょう。労働市場の「流動化」によって仕事を変えることはあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、転職者というとそれだけで評価が下がるとも言われて転職が思うようにいかず、困っていた人も多くありました。ところが、社会の流れが変わり今勤めている職場に執着する必要は減少しているように感じられます。

看護師|再就職する際、とても要となるのが「面接」です。

再就職をするときにかなり重要となるのが「面接」なのは間違いありません。一般的な面接の際は面接官が応募者に対して、転職するに至った理由などいろんな質問が飛んできますが、そして必ず、面接が終盤を迎えるあたりで面接係員が転職者である面接者にたいして疑問点などを質問できます。面接官側が、「弊社で働くことについて何か疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こういったときは、緊張状態で、何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも予め面接担当者からの問いに対し、質問の内容を準備しておくと良いかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

タイトルとURLをコピーしました