看護師|今と違った企業につきたいと転職で活動している人の大半は…

もっと良い職場がいいと転職をしようとがんばっている人と・・

  • 今の会社を辞めたいと転職をする活動をするときの場合には「ほんのちょっとでも早く、内定(採用通知)を手に入れたい」と思っているはずです。でも、そのために通知ほしさのばかりに、自分自身の能力に関して嘘をついたり、対称的に過小評価にしかならない売り込みをするのは可能な限り避けるべきです。焦ってしまう気持ちをこらえて、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く探していきましょう。

  • 看護師|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策共々金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業間でも今までとは異なった社会的な変化が巻き起こりつつあります。その変化が加わり、一般の企業では若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」がクローズアップされています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の総数を現状よりも増やしていく、つもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。でも、働きながら求人をチェックして応募したり、面接を受けるのは精神も肉体も負担がかかるといえます。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はエージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく直接応募していたとしても、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにしても自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておく必要があります。

  • はじめて「失業保険」を受ける際、何もしなくても受け取れると思っている人・・

  • 初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると考えている人がかなりいますが、それは正しくありません。実際には、きちんと受け続けるためには、求職活動を行っている必要があり、その上で、月に一度はハローワークに行く必要があります。一か月おきに職員に就職活動の状況をきちんと説明して「この人は、しっかり就職活動をしているな」と見なされれば、翌月の給付が振り込まれるというシステムです。もしも、きちんと就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、当然問答無用で給付が見送られたり、ときには以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために十分注意しましょう。

  • この頃はパソコンやスマホを使えばインターネットの世界で・・

  • 今ではPCやスマホを見ればインターネットで見られる世界では今では転職情報を掲載している「転職サイト」が多数点在しています。自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見つけるには最初は情報が大事ですから収集をしましょう。こういうサイトをうまく使うことで、効率的な転職先探しができます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを他と比べつつ、チェックしてみましょう。

  • タイトルとURLをコピーしました