看護師|婚活することは、今や、珍しいことではなく、結婚するための方法として社会に定着してきているのが現状です。

看護師|結婚活動は、今は、珍しいものではなく、結婚する方法として社会に定着しつつあります。

  • 結婚活動自体、最近となっては、珍しいことではなくて、社会に定着しつつあります。結婚する相手を見つけるために婚活している、というと一昔前だと、社会的にみると、結婚する相手に恵まれなかった人同士の集まりで暗いイベントという印象を抱いている人がほとんどでした。だけど、最近となっては、結婚活動の意味自体が違ってきているようです。上記にも記述したような、結婚する相手に恵まれない、から結婚活動しているのではなく結婚相手を選ぶ、という捉え方に変わりつつあります。それを裏付けるかのように若い人の間でもネットを通じて、気楽に、パートナーを見つけられる時代にもなったのです。ですから、婚活をするのが恥ずかしいといった考え方は、今となっては、過去のものなのです。結婚したいのになかなか恋愛のチャンスがない、と悩まれている方は、いままでの古い固定観念を捨てて、勇気を出して結婚活動に意気をあげましょう。

  • 数ヶ月に1回のスパンで出席する婚活が目的のイベントの場で…

  • 数回出たことがある婚活を目的に開催されるパーティーの場で、昔のクラスメイト(男性)とばったり会ってしまったことがちょっと前にありました。結婚するために婚活していることを人に知られるのが嫌で、ひとりで話を進めていたのに、婚活イベント会場で、なぜかどこかで見た顔があるのです。学生の時のクラスメイトとばったり再会するなんて!イベントが始まってしばらくは、どこかで見た、ぐらいの認識だったのですが、会話する機会があったときに、名前の書かれたプレートに目を向けて、そこでやっと思い出したのです。お互いに初対面でないことに向こうも気が付いていて、とても気まずい顔をしていました。しかし、誰にも知られたくなかった婚活しているのを知られて、私は、その比ではないほど、相当に恥ずかしかったです。

  • 結婚活動(婚活)をしてみるとわかることですが、かなり疲れます。

  • 実際に結婚活動を続けていると、どういう訳か、心身共にとても疲れます。婚活を始めるようになり、普通に恋愛をしたのちに、普通に結婚出来ている友人たちを見ると、すごい能力を持っているのでは、と考えてくるのです。今までの日常生活に結婚活動(婚活)、というものをプラスしただけでどうして、体も心も疲れてしまうのだろうと冷静に考えてみると、「もがいているのに理想とする結婚相手に会えない」これに尽きます。40代に差し掛かる時期まで結婚活動していると、自分よりも相手のほうが若いことも多く世間知らずや、常識が欠如した人と毎回ではありませんが、出会うこともあります。そのような人と話をするだけでストレスがかなり蓄積されます。自己紹介すらしない人、挨拶もろくにできない人、職業不詳な人など。常識ある大人なのかと疑ってしまいたくなる人と関わるほどに、滅入ってしまいそうです。友人みたいに、普通に結婚したいだけなのに。

  • 看護師|お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな…

  • お見合いパーティーにはいろいろな人が出席しています。婚活イベントにも関わらず、結婚相手ではなく女友達とか合コンをする相手を見つけに来た人もいますし、本気で、本来のイベントの意図に沿って交際する相手や結婚の相手を求めている人も多数いらっしゃいます。女友達とか合コン相手を見つけに来た場合は、今後の婚活につながる可能性もあります。ところが、中には真剣に女性と付き合う気などさらさらなく、今日一晩だけの遊ぶ女性を探しているケースも残念ながらあるのです。私がイベントで出会った男の人の中に、「今夜どうですか?」と開口一番に聞いてきた人がいらっしゃいました。思わず「は?」と聞き返しましたが、その男性は「夏だから解放された気分なので、僕と同じで、女の方もそういう気持ちで来ている方が必ずいるはずだと思った」という訳だったのです。当然お断り申し上げたのですが、私を誘ってきたその男性は最終的にめでたくカップルが成立していたから、女の人の中にも本当にその男性が話したような考えの人がいたということになるのです。大変ビックリしました。

  • 以前、結婚活動イベントに行ってその場でカップルとしては成立しなかったものの・・

  • かつて、婚活で開催されるイベントに参加してその場では、カップルにはならなかったものの連絡先を交換した人がいたんです。その人と後日デートすることになったんです。その男性と昼食してから、映画館で映画を観て、過ごしました。夕方になって、そろそろ帰ろうかと思っていたんですがちょうどそのタイミングで相手にいきなりお付き合いしてください、と告白されてしまいました。しかし、あれこれ会話をしてみて、違うな、と感じたので、「ごめんなさい」と、丁重にお断りしました。そしたら、その人はとても不機嫌になり、まるでまるで軟禁状態になって、数時間を空費することになりました。性格が大きく変わるような人も結婚活動に参加している、と学ぶことができました。しかし、二度とこういった体験は、嫌です、ごめんです。

  • タイトルとURLをコピーしました