看護師|転職を考える際、その職場の年収ばかりに気を取られる人…

看護師|転職する場合、転職したあとの給料を気にしすぎる人がかな・・

  • 転職というものをする場合、その職場の自身の年収を過剰に気にする人が案外少なくありません。大半の方は、ですから生活費を稼ぐべく励んでいるでしょう。だから自身の価値を測る指標という面もあるから当然大切に思うのは否定できません。しかし、愚かにももらっている年収額に執着しすぎるのも虚しい気がするでしょう。この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、やりがいを感じられることが少なくないからです。
  • 「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。これに関して初めて利用された人はとても驚くケースが多々あります。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことがその役割なので、大変積極的な姿勢でいます。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬が支払われるシステムであるといえるので、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。また、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が出た瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように要注意です。
  • 昔から日本には”石の上にも3年”という諺もありますが・・

  • 昔から”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、現在の社会ではその背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでなくなっています。ただ、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に再就職しようと考える場合、重要なのはタイミングを見計らうことです。その基本として、今やっている職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満点を5~10個ほど、探しておきましょう。この作業が、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、早めに良い職を手に入れられるように頑張ってみましょう。
  • 今、私は派遣会社で働いています。

  • このところ私は派遣で働いています。ウェブサイトを見ていて興味を引かれる仕事を見つけ出して応募したい旨を伝えると「その仕事はもうすでに他の人でお話が進んでいます」と言われてしまい一瞬ウェブサイト上から仕事情報が閲覧不能になるのですが、翌日見るとまた載っています。これって結局私ではよくないのっていうことですよね。それであれば初めからカドが立たない程度に正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。はたまたもしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?
  • 転職先を決めるのに、仕事におけるやりがいアップも大切だけ・・

  • 転職先を決める際、もちろん仕事のやりがいのアップと一緒に給料が上がることも大きなポイントなので「年収サイト」というところに登録してあらかじめ調査をしています。全く同じ会社でそして全く一緒の職種、経歴であるのに人によって大きな違いがある場合も多く、ぶっちゃけて言うと面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人について誰であるのかある程度は予想がついているのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。
  • タイトルとURLをコピーしました