看護師|3ヶ月まえに、転職したというのに、早期に退職を選択してしまう人・・

看護師|ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというの…

  • このあいだ転職をやっとしたばかりというのに、入ってすぐに退職を決意してしまう人がずいぶん多かったりします。何故そうなるのかと思うと新たな気持で自分自身に合った環境で勤務を始めてみたものの、「期待していた仕事と堪えられほどかけ離れていた」「雰囲気が馴染めない」というワケで別の仕事を探すことが珍しくないといいます。可能ならばこのような失敗を繰り返さないためには、初歩として、前もっての情報集めは徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、職場独自のルール、などあれこれチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 先日転職のために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 先週転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に向かいました。登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当の方がどうも経験の少ない社員のようで、私が説明している話の2分の1も彼は理解できてないようでした。それに加えて「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくべきでしょう」とか、一人前の話を偉そうに話すのでとても不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはある程度社会人を経験している人にしてほしいと思います。
  • 看護師|看護師の他の職業に転職に至る原因は、その人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師という仕事の人の他の職に転職を決断する理由は、その人それぞれではないでしょうか。考えてみると看護師が他の仕事への転職するには「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産それから子育てそれに親の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によってこれまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「現在の収入に大きな不満を感じている」というような問題があり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、今一度冷静に、客観視してみることも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」ともう一度考えたうえで決断すれば間違いが減らせます。
  • 再就職時の面接でほぼ聞きだされることが退職した経緯についてです。

  • 転職をする際に面接でおいてほとんどの人が質問されるのが会社を退職したわけですが、この質問に答える時には前職に話題の中心を当てない方が無難です。会社を退職するに至った経緯が話題の中心になってしまうとほぼ確実に面接において不利なことを伴った内容になってしまいますから。この点を上手に進めていくにはどうして前職を退職したかという点をこの職場になにがなんでも入社したい理由があったからといった感じに持っていくべきであり、今面接に来ている会社に焦点を向けていくと良いでしょう。その会社の話であれば、悪い面ではなく積極性を前面に押し出した辞職の訳にすることができます。
  • 以前の私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 今までの私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、なぜか都会や大手の求人がほとんどだからです。これまでの転職活動をする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、掲載されるいくらか知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着型なため、都心部以外での転職をするときには重宝します。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と誤解している方も少なからずいるかもしれません。思いもよらず、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもしも転職を考えている人はハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトのようにたくさんのニュースレターが来ることもありません。
  • タイトルとURLをコピーしました