自分の大好き、を仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

看護師|好き、を仕事にしたいという風に思っている人は注意です。

得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。これは、私が体験したことなるのですが、私は、食べることが趣味でそれが高じて、かつては、飲食の世界で働いてもいました。そのレストランでの業務内容は、そのお店で任されていた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまいました。ということが引き金となり、仕事をやめましたが、その影響で、あんなに大好きだった食べることやその店で提供されていた食べ物も苦手になってしまい、似たような店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分自身の好きなことを仕事にしたいと思い、実現できるのは素敵なことですが、ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、まじめに自分自身と向き合ってから行動するべきです。

知っている人の紹介をキッカケにして転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

友人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけれどそこでの労働環境や、それから労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミを鵜呑みに判断してしまうと後々トラブルになることが多いです。なぜなら、そういう口コミ情報は主観が入ってしまうからです。要するに紹介した人にとって、かなり良い職場環境に思えても、、あなたの価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という環境だってあるのです。その逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、自分の目でしっかり確認しておきましょう。

看護師|就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接の際、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはほぼあり得ません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社できたのをそのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

看護師|新卒で入社した会社を去り、転職すると決意しました。

新卒で入社した会社を離れ、思い切って転職を決意しました。実際に転職する前は、しばらく悩んでいましたが、でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で学び、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。なにより転職を経験したことによりなんだか気持ちが楽になった気がして、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに日々が明るくなりました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私は転職を決断して良かったです。

看護師|年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな…

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。あなたが勤めている会社側でもし「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、働いている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。さらに「失業手当」の金額については、最後の月の近々の給料を基準にして計算されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました