転職した場合には、だいたいの場合は以前の仕事での記憶は美化されます。

看護師|転職後は、高確率で以前の会社の仕事の多くの記憶は美化されます。

  • 転職したケースでは、だいたいの場合はそれまでの仕事の大方の出来事は美化されます。実際には現在の職務に満足できないから、それを解消するためにどうにか退職を決め、転職することになったのに、気がつくと、転職後の会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と感じます。それというのは至って当然のことで、以前の職では仕事に慣れ切っていてきちんと与えられた仕事が淡々とこなせていたのが、一番の根底にあるでしょう。その一方、「やっぱり転職するんじゃなかった」と本気で悔やむほど、以前の仕事の方が人間関係や人間関係が良い場合があります。
  • 看護師|転職活動をしていれば、面接のときに例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接において必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これと違って転職理由について率直に話すのは得策ではありません。転職理由でよくある給与に関する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。加えて、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。
  • 看護師|「シフト制」の仕事についての話なのですが、特定の曜・・

  • これはシフトの仕事に関する話です。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を事前にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、私は以前産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として就職したのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任者が「土日」に必ず出られたので、私も同じような人として扱われてしまいました。なので「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出すと本当に腹が立ってきます。
  • 看護師|仮に再就職を目指そうとしても、全部が順調にいくと言い切ることはできません。

  • 仮に転職を考えたとしても、すべての人が満足いく成果をあげられるとは限りません、可能であれば、いつか、しようと考えているならあなた自身が若いうちにできるだけ早く転職を試みるべきです。普通は、30代前半までは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代に入ってからの転職活動全般は、相当に難しいといえます。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職する意思が芽生えたとしても、今の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中から除外しないでおきましょう。つまり、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社に籍を置いたまま慎重に探す方が失敗することもありません。
  • 看護師|転職を決めるあいだは、そういう風にしたいわけではないの…

  • 再就職先を探している間は、無意識のうちに時間に余裕がある分、だれた生活を送ってしまいがちです。しかし、そうした過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜなら、気の緩んだ、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。気が付くと、仕事をしようとする気力がわかず、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。そのまま、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の勤め先を見付けることが困難になってしまいます。転職先が決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えてしまうためです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。