転職すると、大体の場合、以前の仕事でのたいていは美化された記憶となります。

看護師|転職したケースでは、高確率で前の会社の仕事での美化されるものです。

転職すると、大体の場合、それまでの会社の仕事の記憶は大方、美化されます。実際のところ現在の職に納得できない点があるから、良い方向に進もうとせっかく退職を決め、再就職すことになったのに、気がつくと、なぜか「前の仕事のほうがよかった」と思い始めるのです。というのは至って普通で、前の職場では業務に慣れていて苦労なく与えられた業務もたやすくできていたのももっとも理由にあるはずです。しかし、「転職なんてしないほうが良かった」と心底感じるほど、過去の職場のほうが職場環境や報酬が良い場合もあります。

転職活動を行っていると面接で絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしている際に、面接で「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。このうち志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、転職理由について隠さずに話すのは問題です。給与が納得できないことや、人間関係に関する問題など、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この会社に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。

看護師|これはシフト制のある仕事についての話なのですが、一定の…

「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく目にするのですが、シフトの提出方法や休む手順については、面接時に確認しておくべきです。それはなぜかというと、前に私は出産のため抜けた人の代理として正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った女性が土日は必ず出勤できる人だったので、私もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?振り返ると腹が立ってきます。

転職をしようと考えていても万事首尾よく運ぶ保証はありません。

転職活動をしたとしても、思ったとおりの成果が得られると言い切ることはできません。それはどちらにしても転職をしなくてはならないなら若いうちに行動に移すほうが良いでしょう。平均としてみると、20代の若いうちは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代に入ると転職の場合は、相当に厳しいものと理解しておくべきです。重要なポジションに就いているのなら、転職の意識が強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択項目に残しておくべきです。要するに、退職後に転職活動をスタートさせるよりも今の会社に残った状態で、堅実な未来を模索しておいた方が失敗することもありません。

転職活動中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間が有り余っているた・・

転職活動中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間が有り余っているため、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。が、そのような状況は避けるほうが賢明です。人というのは、気の緩んだ、だれた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲を失い、経済的に困る未来がやってきます。そうなると、悪いサイクルがさらにつづき、次の仕事を見付けることが難しくなってしまいます。次の仕事が決められなくなるのは、給料を最優先に考えるからです。給料を一番に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られない生活をする意味でも、だらけきった生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました