転職をする場合、予め、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりし…

看護師|転職活動の際は、はじめに、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たり…

  • 転職を行うにあたっては、予め、ハローワークの求人票を見たりして転職したい会社を調べると思います。ところが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。仮に公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そのようなコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそれをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に額面通りに受け止めて入社してしまった場合、予想とは全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は言いがかりをつけて辞めさせないように画策しています。ブラック企業では、この手のことが多いです。
  • 一般的に見て大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか・・

  • たいていの場合は大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。さらに、都心を離れるとそのチャンスがとても狭まります。ですが製造業関連においては、地方の工業団地界隈に製造工場を構えていることが少なくありません。さらに、そのような工場なら、事業拡大をする際に「途中採用」をしていることが多々あるので、このタイミングに転職するのもいいでしょう。地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する企業についての下調べからはじめましょう。公式サイトをチェックし、スタッフの募集予定はないか、定期的にチェックされることをお勧めします。
  • 20代のうちに転職を2回経験し、現在、いくつか資格を取得するた・・

  • これまで20代前半に転職を数回行い、現在、資格を取得したいので派遣社員で働いています。常勤の勤務ではないのでどうしても手取りは安いのですが、しかし、前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、学生のときに資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、そのような方たちを羨ましく思います。前は、成功している人と自分との違いに気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし今では、結婚し、過去と比べ生活そのものが大きく変化し、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、自分の人生に満足できるようになりました。
  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、必ずと言っていいほど質問されます。その場合、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の職場の労働環境や人間関係が悪かったという答えは、できるだけ控えたほうがいいでしょう。なぜかというと、そのような不満を口にすると、心象を悪くしてしまい、チャンスを棒に振ってしまいかねません。ですから面接時にはポジティブな発言が正解です。あくまで「新しい職場ではスキルを生かしながら、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といった未来に目を向ける形が良い印象を持ってもらえるのです。
  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色合いについて・・

  • 仕事の面接で必要なビジネススーツのカラーについては、新卒の就活の際にに準じているカラーが一般的なルールとなっています。ということは、紺系や黒系などのような暗い色合い、ということになります。それが、転職の場面であっても、着用していくスーツの色はこういうダーク色が圧倒的に多くて、黒や紺以外の色の転職者はあまり見かけることはありません。強いて言えば、グレー系を着ている人がいるくらいです。全体的な割合をみても黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているのです。ですから、採用担当の人もそういった色であるほうが当たりまえに感じます。ですから、第一印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • タイトルとURLをコピーしました