転職を考えているのなら、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。

もしあなたが転職をするなら転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。

  • もしあなたが転職を考えているなら、転職前に資格を取得することでステップアップできます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがベストです。転職の際には有効活用することができますから、転職できる企業がグッと増えます。そのため、資格取得は、在任期間中がベストな時期といえます。もしもあなたが未来を見据えて、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、仕事を辞めた後も悔やむことなく前に進めるはずです。さらには、資格を持つことによって、転職先の面接で面接官に戦力として使えるとみなされ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。
  • 転職の際の採用面接では、中小企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官です・・

  • 再就職のときに行われる面接というのは、中小企業だったらほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。具体的には、ともに仕事をしていく部署の責任者、かいつまんで言えば部長や課長などの管理職が面接を担当する可能性も考えられます。とくに営業や事務の場合は、資格だけでは判断がしづらいですから、自発的に自身をアピールしていくようにしたいものです。面接担当者たちから「この候補者はしっかり自己アピールするし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。
  • 看護師|新しい勤め先で、自身のこれまでのスキルが生かせれ・・

  • 新しい仕事で、過去のスキル・キャリア活かせられれば、即戦力として周囲から認識され、すぐに職場環境にも慣れて、人を雇おうとしている雇用した側としてもスキルを持つ人材は常に欲しがるので、タイミングさえ問題なければ、すんなりと採用されるでしょう。更にこれまでの働いていた職場と同じような仕事なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。でも、まずまずの実力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、今も昔も中々の難関となるのは間違いないでしょう。
  • 転職したいと考えている会社での会社見学に参加するとかなり参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学しておけば、すごく参考になります。とくに、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られるので楽しくもなります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者には例外なく、本来の姿を見せてはくれません。典型的なのは、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のプライドが高めな業種なので、実際に入社するまで、本当の姿はわかりません。なので、仕事=見学内容と決めつけないことが無難です。加えて、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから正直言って、「論外」です。正規雇用が結ばれていない場合、もし問題が起きたとしても、それに対する保障もないので、仕事体験ができる、と言われても丁重に断ることが大事です。
  • 看護師|転職をするために今勤務している会社辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが…

  • 転職するにあたって、現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、あなたの意志で退職届を出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースではすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、この規則を理解していない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果としてハローワークの職員と大声でやりあっているのを見たことがあります。加えて、自分側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • タイトルとURLをコピーしました