看護師転職

看護師転職

安定的な暮らしを送りたいと正規の社員として働きたいと考えている人・・

より安定した生活基盤を求めるべく正規の雇用社員を目指す人は結構多いと思います。が、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っているのに中々正社員として採用されることが叶わないこともあるでしょう。派遣社員の求人はかなり充実しているのに正規雇用の求人募集以外には目も通さず時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。
看護師転職

転職することを希望しているのなら、今いる職場の何が気に入らないのか・・

そのうち転職することを希望しているのなら、現状の職場や仕事で感じている不満点を洗い出しておく必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。不満な点があるからこそ、転職しようと思っているはずです。しかし「きちんと仕事や業務の客観的にみた満足できないことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。
看護師転職

看護師|この頃では、株・不動産投資などといった不労所得のほ…

今の時代は株式・不動産投資などといった不労所得のほかに個人事業主を目指す人も増えています。そういったような社会的変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長時代に関しては、どう転ぶかわからない株式投資や自営業よりも雇われているほうがずっと将来が安定していて、人生の「花形」として世の中に広まっていました。
看護師転職

看護師|転職を考える際、その職場の年収ばかりに気を取られる人…

転職というものを考えるとき、転職したあとの給料ばかりに気を取られる人がかなり多いです。とうぜん多くの方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与としてもらうために仕事を選択するでしょう。年収というのは自分がどれほど評価してもらえているか、としての側面もありますから大切なことは至極当然です。
看護師転職

あなたが転職をする場合、U・J・Iターンで都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみた・・

転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合に、都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考える方も少なくありません。今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方や郊外の求人も容易に得ることができますが、残念ながら地方での求人情報では、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのが正直なところです。
看護師転職

看護師|転職する場合、色々情報収集されるとは思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しないと損です。

転職するときは、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトの利用を強くおすすめします。過去に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせでそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、口コミの内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。
看護師転職

看護師|一度、転職の決めたのであれば、完全に同僚には内密にその気持ちを知られないよう…

万一あなたが、転業の意思を固めたのなら、完全に一緒に働く人には内密にバレないように、転職活動を進めていき、現職期間中には、あくまで周りの人に気づかれないようにいつもどおり業務をこなすのがとても安全です。その状態をキープしておくと、もしも希望に知った転職先をすんなり見つけられなくても、転身時期を引き伸ばしながら、今の職をそのまま続けても心配がありません。
看護師転職

きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。とはいえ、現実的には「会社から解放されたし、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが正直なところでしょう。心から職を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。
看護師転職

看護師|3ヶ月まえに、転職したというのに、早期に退職を選択してしまう人・・

2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうケースが結構多いといいます。何故かと考えてみると私の思うところをいうと気持ちも新たに、新たな会社を手に入れたものの、「自分自身の理想としていた仕事とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということがワケで退職してしまうことが多いようです。
看護師転職

自分の大好き、を仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

自分の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが大好きで過去には、飲食の世界(レストラン)で働いていた時期がありました。そのお店での業務内容は、その飲食店で担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。
タイトルとURLをコピーしました